「今世は当主になります」128話ネタバレ感想レビュー

今世は当主になります」の最新話や最終回までの全話ネタバレ&感想記事を更新しています。

原作情報・単行本・原作者SNS・その他の詳細については次の記事をご覧ください。

「今世は当主になります」128話ネタバレ

大会議室へ陛下が第2皇子を連れて現れました。陛下が紹介すると、周りは歓迎ムードです。

会議室にはロンバルディ当主もおり、ペレスは会釈しました。

礼儀正しく立派な姿をみて周りがざわめいていると、そこにはあからさまに嫌な顔をした第1皇子の姿が。

陛下は23歳にもなって表情のひとつも管理できていないことに苛立ちました。

陛下が来月から第2皇子も会議に参加させると正式に述べると、周りはざわめき、第1皇子も明らかに怒りを露わにしました。


17歳最後の夜をお父様と過ごすティア。

18歳の成人を迎えるティアに渡したいものがあると差し出したのは、ママにプロポーズした時にあげた指輪でした。

指輪をあげる事で、”全身全霊で愛せる人”そんな人を連れてきてほしいと思っていると告げられ、指輪をはめるティア。

大切な指輪をもらった事はもちろん嬉しい事だけれど、一番大きなプレゼントはお父様がいまそばにいる事。

お父様と迎える18回目の誕生日は時が止まってほしいと思うほどでした。

「今世は当主になります」128話感想レビュー

アスタナとアンゲナスが必死で掴み取った陪席権をいとも簡単に手にしたペレス。

アカデミーを卒業したばかりなのに優秀すぎてさすが!!という感じですね。

着々と掴みにいっている感じがものすごく良かったです。

ティアはついに18歳(成人)になりましたが、お父さんは相変わらずかっこよく、昔よりも若返っているんじゃないかと思うくらいでした。

あの時ティアが必死で動いてなければ一緒に過ごす未来もなかったと思うと、ティアが17歳最後の日を一緒に過ごしたいとおもうのが痛いくらいわかります。

まだティア的には全身全霊で愛せる人にであっている自覚はなさそうですが、それもそうですよね。今までが必死に生きてきたので余裕がなかったんだと思います。

これから♡な展開がある事を期待!